●11月9日、令和元年度総会は46名の参加で盛大に執り行われました。
 小島克也校長、他地域浦高会会長、橋本洋子様等のご来賓の皆様のご参加をいただきました。記念講演では浦高卒業生であるお二人の2020オリンピック関係者の貴重なお話をお聞きしました。
 今年度の総会は 11月14日(土)、清水園にて予定しております。

 記念講演:「近代オリンピックとともに歩んだ人生 蓮見三郎(中学15回)」
        講師/小風 明氏(高25回) 元(公益法人)日本オリンピック委員会
        
「TOKYO2020聖火リレー」
       講師/渡邉泰之氏(高43回)
        (公益法人)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

当日の画像  各画像をクリックしていただけましたら、詳細な画像をご覧いただけます。

参加者集合写真 クリックすると詳細画像が見れます
  

    

 
                                 講演者 小風、渡邉両氏と今村会長
  
最後の締め 藤野氏、三神氏の応援部OB  

  

●30年度の地域貢献事業のお知らせです。  

宮浦高会会員各位

大宮浦高会会長 今村正道

大宮浦高会主催県立歴史と民俗の博物館の特別展

「明治天皇と氷川神社―行幸の軌跡―」関連講演会について

 

新年あけましておめでとうございます。

大宮浦高会では、地域貢献事業の一環として標記の講演会を実施することといたしました。

この特別展は、明治元年(1868)

10月28日、明治天皇の大宮氷川神社行幸から

150年になることを機に開催されるものです。新年にあたり、武蔵の国一宮氷川神社の歴史に思いをはせてはいかがでしょうか。

浦高同窓生をはじめ、友人知人の方々にもご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

なお、まことに恐縮ですが、定員に達し次第締め切らせていただきますので、「4参加

申込み・問合せ」の要領にてお早めにお申し込み下さるようお願い申し上げます。

.日程・会場

日程:平成30年2月12日(月祝)午後1時〜4時(受付は12時30分から)

会場:埼玉県立歴史と民俗の博物館講堂

.内容

(1)  演T PM1時〜2時10分

演題(仮)「武蔵一宮氷川神社の歴史と明治天皇御親祭」

講師東角井真臣氏(氷川神社権宮司浦高 49回卒)

(2) 講 演U PM2時20分〜3時20分演題鼎談「氷川神社あれこれ」

東角井真臣氏(氷川神社権宮司浦高 49回卒)

織本重道氏(大宮郷土史研究会会長浦高 12回卒)

藤野龍宏氏(元県立.歴史と民俗の博物館長浦高 22回卒)

(3)展示解説3時30分(30分程度)

講演会終了後、展示担当学芸員による特別展の臨時解説を行います。

(4)定 員150名

(5)費用実費として一人500円(入館料・資料代)を当日受付でいただきます。

.主催・協力

主催 大宮浦高会

協力  歴史と民俗の博物館

 

.参加申込み・問合せ

 ※若干、当日分も用意できそうです。突然の参加も歓迎です。

大宮浦高会事務局 長澤隆司 048(682)0936    urako-omiya@mbj.nifty.com


 
●本年度総会が41名の参加で盛大に行われました。
、 同窓会会長の木村恵二氏記念講演では、タイムリーな話題でご本人
 のご経験をお話しされました。また杉山校長からは最近の浦高の状況を
 お聞きしました。


アルバム

 


●当会常任理事 18回卒「大滝栄典」氏が厚労大臣表彰を
受けられました。
整形外科医院を開業されていらっしゃいますが、長年にわたり公的医療保険
制度に貢献されたとのことで、全国で78名の方々が受賞されました。
日頃のご努力の結果かと思います。10月27日授賞式。


●「第8回世界盆栽大会inさいたま」主催者から大宮浦高会に
感謝状が届きました。感謝状


●世界盆栽大会さいたま2017が成功裏に終わりました!

会員の皆様のご尽力で、大宮浦高会のボランティア活動も大きな成果をあげる
ことができました。前売券販売は皆様のご尽力で522枚を達成しました。また
多くの会員さんのご参加をいただいた会場でのボランティアも大会の成功に
貢献できました。ありがとうございました。
大会期間中「水石至宝展」も45,000人という大会実行委員会の予想を超えた
入場者で大盛況の状況でした。
コミュニティアリーナに於ける「呈茶コーナー」も期間中1,000人の来場者を
おもてなししました。日本造園組合連合会県支部青年部の方々が造りました
素敵な日本庭園の中で、大日本茶道学会の方々のお点前による抹茶と
渇Y和花見さんのご協力によるお茶菓子を、多くのお客様にご提供しました。
また4Fトイロでは800人の海外の専門家、400人の国内の専門家の方々に
無料で飲み物をご提供しおもてなしをしました。
今年度の当会の社会貢献活動は見事な成果を上げることができました。
ご協力いただきました会員の皆様に感謝いたします。
また多くの外国のお客様に対応する通訳をお集めいただいた茅野副会長
の奥様にも感謝申し上げます。ありがとうございました。
そして最後に、ここ数年にわたり大会の準備に大会実行委員会委員長として
ご尽力された当会常任理事/加藤初治氏(13回卒)、本当にお疲れ様でした。
ご苦労様でした。
 
「呈茶コーナー」涼風庵           大宮浦高会の紹介
 
抹茶のお点前                「呈茶コーナー」ボランティアの面々

4Fトイロ おもてなしコーナー

埼玉新聞5月1日号に大宮浦高会の今回の活動が紹介されました。


●春の叙勲で当会会員から2名の方が選ばれました。

[瑞宝中綬賞] 原田正躬氏 埼玉大学名誉教授 当会常任理事

[瑞宝双光章] 宇治 元 氏  宇治病院院長 県警察嘱託医

おめでとうございます。


●本年度総会の日程が決まりました!

毎年11月第一土曜日に行われてきました総会の日程が、今年度は三連休
に当たってしまいます。本年度に限り11月18日(土)にいつものパレスホテル
大宮にて開催することになりました。今から予定しておいてください。 


●平成28年度総会が行われました!

11月5日(土)にパレスホテル大宮チェリールームに於いて49名の
のご参加で盛大に執り行われました。
浦高同窓会副会長 田中
喧二氏をはじめ10名のご来賓のご出席をいた
だきました。また来年4月に迫りました「世界盆栽大会」の実行委員長
を務められている当会常任理事浦高13回卒、加藤初治氏により記念
講演を行いました。大会URL
来年の浦高同窓会の幹事を務められる浦高27回卒の方々も初めて
ご参加いただきました。来年の私たち大宮浦高会の活動にもご協力
いただけるものと思います。

松澤副会長                     今村会長

浦高校長 杉山剛士氏

茅野副会長                     紅一点、故橋本昭司氏ご長女 洋子様



お知らせ!

9月29日をもちまして、契約しているプロバイダーの都合により
当サイトを引越しさせていただきました。
新しいURLは http://urako-omiya.my.coocan.jp/です。
お気に入りにご登録願います。

●平成27年度総会が出席者52名で盛大に行われました。
総会ではすべての議題が満場一致で議決いたしました。ありがとうございました。
副会長に新しく篠塚勝正氏(高11回)が就任されました。今後の大宮浦高会発展のためご尽力をお願いいたします。
記念講演では高校49回卒東角井真臣氏が大宮の名前の由来になった氷川神社権宮司のお立場から氷川神社の歴史について語っていただきました。
また総会には2度目の登場になりますが、落語家/高校42回卒三上尽氏がめでたく真打に昇進され、三遊亭彩大を襲名されましたので記念の一席を披露していただきました。
3時間にわたる長い総会・懇親会でしたが、ご出席された方々は皆様時間を忘れてお楽しみいただけたものと思います。
 
松沢副会長の開会のご挨拶             今村会長のご挨拶
 
新藤名誉会長のご挨拶                総会司会の三神尊志事務局幹事
 

篠塚勝正新会長                    会場の様子

記念講演・懇親会の画像アルバム


●新藤享弘名誉会長が「さいたま市誕生 知られざる真実」
を出版されました。書店にて販売中です。

●地域貢献事業「氷川神社と大宮公園」講演会
  が成功裏に行われました。 

会員の皆様の強力なお力があっての成功でした。ご苦労様でした。
当日は大宮浦高会が申し込みを受けた91名の方のうち77名の方々にご来場いただきました。博物館が受けた一般の方を合わせて、定員162名の席は満席でした。一部会員の方々には立ち見でご覧いただくことになりました。
浦高49回卒の氷川神社権宮司/東角井真臣氏が氷川神社の歴史と逸話について、大東文化大学教授/宮瀧交二氏が大宮公園の歴史について、わかり易く講演いただきました。
ご来場の皆様にはご満足いただけたものと思います。
 
今村会長ご挨拶                     氷川神社権宮司/東角井真臣氏(浦高49回卒)
 
大東文化大学教授/宮瀧交二氏           新藤名誉会長と林 正 顧問

当日は浦高44回卒の埼玉新聞記者/三宅芳樹氏が取材にこられて、4月20日付の紙面にて記事を書いていただきました。内容はPDFファイルにて。

企画展「氷川神社と大宮公園」は県立歴史と民俗の博物館にて、5月10日まで開催しています。

 

◇事業についての今村会長ご挨拶、詳細内容

◇参考資料


●企画展「風と光の詩人 宮澤章二」の開催のご案内

当会常任理事 宮澤鏡一氏(浦高20回卒)の父である詩人「宮澤
章二」没後10周年記念展が、1月10日(土)から3月15日(日)の
期間、桶川にあります「県立さいたま文学館」で開かれています。
羽生で生まれ、生涯を詩人として生きた彼は多くの作品を遺して
おり、「ジングルベル」の訳詩は多くの人に親しまれています。また
、多くの学校の校歌の作詞も手がけ生涯に300以上にのぼりま
す。ぜひともお奨めしたいとここに紹介させていただきます。
また3月7日(土)には、宮澤鏡一氏、ご次男の宮澤新樹氏による
記念講演会があります。詳しくはさいたま文学館ホームページに
てご覧ください。

「県立さいたま文学館」
企画展パンフレット


●26年度大宮浦高会総会の報告

 今年度の総会は11月1日(土)にパレスホテルにて盛大に開催
されました。会員の参加42名、ご来賓9名、計51名の参加でした。
あいにくの雨で参加予定の方で6名が不参加となりました。
これまで長くにわたり会長をお務めいただきました新藤享弘氏が
ご勇退を申し出られ新名誉会長に就任、新会長に浦高13回卒の
今村正道氏が満場一致にて新会長に就任いたしました。
副会長、常任理事人事にも変更があります。新体制にて皆様とも
ども大宮浦高会を盛り上げて行きましょう。新役員体制

ここで今村正道新会長からのご挨拶があります。

 この度、新藤享弘前会長から指名され、副会長会、常任幹事会でご支持を受け、総会でご承認いただき、新会長に就任いたしました浦高13回卒の今村正道です。微力ではありますが、諸先輩が育み歴史と伝統ある大宮浦高会会長をお引き受けすることにいたしました。
 新藤前会長には政治経済文化等の深い理解と継承をモットーに人間関係を大切にして11年間会長として大宮浦高会を牽引していただき、地域同窓会の基盤を確立頂いた事に大変感謝しております。
 今後、大宮浦高会は浦高同窓会の地域同窓会として本部を支援し、「何でもあり」の精神で情報交換等により会員相互の向上を図るとの方針を踏襲し、新たに会員相互の親睦事業に留まらず、地域貢献事業も行い地域に発信する団体を目指すことにいたします。
天下の浦高の存在を市民の方々にも、より一層認識頂くよう、開かれた大宮浦高会として会員の皆様の力を結集して活動して行きたいと思います。
 会員皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

                    新会長 今村正道

 
今村新会長                     記念講演の杉山校長

 

※総会プレビュー


●浦高同窓会のホームページが立ち上げりました。
FaceBookも開設しておりますので、同窓の方々との情報交換の
場としてご活用してしてください。
http://urako-tama.com/



●2012年「新酒利き酒会」行いました。
2月18日(土)に12名の参加で利き酒会が行われました。
杜氏の菅原さんのお話を聞きながら出来立ての「九重桜」を味わいました。
原酒の強烈な強さと大吟醸の奥深い味わいに改めて日本酒のすごさを感じました。
また二次会では美味しい刺身と料理でお酒もおおいに進みました。
名誉会長/松沢良一氏(高校2回)より高級ワインの差し入れをいただき、また副会長/松沢良和氏よりは金銭でのご寄付をいただきました。松沢副会長のご寄付は、あわびとさざえと大吟醸「九重桜」に使わせていただきました。

 
利き酒会一部、参加者
 撮影担当:石川滋彦氏(高校45回)
二次会利き酒のお酒を前にして

◇2月度月例会・新酒利き酒会を行いました。
 
残念ながら利き酒会は5名の参加、宴会は7名の参加でした。
当会常任理事18回卒の大滝栄典さんのご実家である、見沼区膝子の「大滝酒造」さんで新酒利き酒会を行いました。
大滝常任理事のお兄様の大滝栄寿社長のご案内をいただきまして、絞りたての新酒を味あわせていただきました。
 
大滝酒造HP MAP

※大滝酒造さんのお酒のご紹介です。各画像をクリックしていただくと詳細な画像がご覧いただけます。また、発送にての販売もできます。事務局にご注文いただきましたら、送料込みの価格をお知らせします。特に県外の会員の方、ぜひご注文ください。市内の一部の酒店でしか手に入りません。
  
左端のお酒は、古代米(赤米)使用の貴重品  贈答用セット販売もしています
大吟醸は全国の品評会「金賞」を受賞しています
 
上段右端はJ1大宮アルディージャの酒です   ピンクのラベルは「お花見」にお使いください


◇平成22年度大宮浦高会総会
が盛大に行われました。
7月11日(日)にサイサンホールに於いて、22年度総会が行われました。
新藤享弘会長をはじめ会員の皆様、同窓会会長/川野幸夫様はじめご来賓の皆様のご臨席をいただき、総勢40名のご参加で行われました。
議事は滞りなくご承認いただきました。引きつづき行われた記念講演では、常任理事/原田正躬氏による「子供達の理科実験教室」と題した講演をお聞きしました。将来の理科系の人材を輩出するために尽力されている先生には心打たれました。懇親会では、大宮文化の華/芸者さん3名がその芸をご披露していただき、会員様との交流を深めていただきました。また見沼区在住の高校22回卒業の河本兼美氏と奥様のバンド「キララ&ポンパ」ミニコンサートも行われ、しばしオカリナとギターの調べにウットリ。また恒例の浦高百年の森募金には2万円を越す浄財をいただき、小室正人百年の森委員長にお渡しすることができました。ありがとうございました。
遅くなりましたが、当日の画像アルバムをアップ致しました。ぜひダウンロードしていただきプリントしていただけたら幸いです。
  
新藤会長と大宮浦高会会旗のお披露目      記念講演の原田正躬(9回)常任理事
  
川野幸夫同窓会会長のご挨拶           キララ&ポンパ 河本兼美ご夫妻(22回卒)

画像アルバム

お問い合わせは
事務局MAIL


大宮浦高会ホームページ バナー広告掲載のお願い!
昨年度は、会員名簿への広告掲載を皆様にお願いし実現させましたが、本年度からはより広告効果の期待できるバナー広告という形で皆様にお願いすることに致しました。年間訪問者の延べ人数が1万人を超すサイトです。多くの浦中・浦高の同窓生が見ています。同窓会がご縁でビジネスの拡大に繋がれば幸いです。
現在セキュリティ対策を強化したホームページサイトに作り変える準備をしています。その際にバナー広告欄を設けることにした次第です。皆様からの積極的なお申し込みをお願いするものです。
新サイトデザイン案&バナー広告募集要項
バナー広告申し込み


◇2月度月例会「新酒利き酒会」は17名の参加で楽しく行いました。
 
当日は、大滝栄寿社長が体調をくずされていましたが、社長婦人と杜氏の菅原氏のご案内で楽しく利き酒会を行いました。モロミ、原酒、本醸造酒を利き酒させていただきました。自慢の井戸のお水もいただきましたが大変甘い水でした。口当たりの良さはこのお水からくるものでしょうか。二次会は川島副会長の「新道山家」の会席料理と美味しいお酒で大変楽しいひと時を過ごすことができました。大滝さん、川島さん、ありがとうございました。

杜氏の菅原氏の説明を真剣に伺う。        少し利き酒が回ってきたところ。

新道山家さん近くの大宮第2公園の梅園、咲き始め。 新道山家さんの会席。


◇9月度月例会、研修会が行われました。
河合先輩の急逝で長らく中断していました月例会を再開しました。
9月19日(土)、昼は「埼玉のルーツ」を訪ねて「さきたま古墳群」「県立さきたま 史跡の博物館」に行きました。総勢6名の参加で浦高22回卒藤野龍宏館長から レクチャーを受け、古墳群を見学しました。国宝「金錯銘鉄剣」の現物を前に、 刻まれている文字が日本の古代の歴史上重要な意味を持つことを改めて知り、 発掘された「稲荷山古墳」の後円の頂上に立ち古代の世界に想いを馳せました。
日本最大の円墳「丸墓山古墳」の頂上からは、行田の街の「忍城」の櫓が見渡 せ、かつて豊臣方の大将として水攻めをした石田三成の世界に浸りました。
昼食はB級グルメ「行田のフライ」「ゼリーフライ」を藤野館長おすすめの「ことぶきや 食堂」でいただきましたが、癖になる味で独特のソース味でした。普通盛りでも充 分大盛りでした。
参加者6名のうち4名は、北鴻巣駅まで5kmの「さきたま緑道」を歩きました。 きれいに整備され彫刻家の作品が並びウォーキングには最適な道でした。 埼玉の語源にもなったと言われる「前玉神社」の鳥居の脇に知る人ぞ知る「いが まんじゅう」の金澤製菓舗に立ち寄り買い求めました。一見赤飯のおむすびです が中身は饅頭、絶品の味でした。こんな所にこんな和菓子があるとは、埼玉も 捨てたもんではありません。その後調べてみたら、全国郷土料理百選に選ばれた 伝統の和菓子であることが分かりました。このまんじゅうを食べに行くだけでも行田 に行く価値があると感じました。
そして、大宮に戻り藤野館長も加わり西口「栄楽」で懇親会。新藤会長をはじめ13名の参加で楽しく 和気あいあいに過ごしまた。「栄楽」は今後の月例会の候補です。皆さんのご意 見をお聞きして最終的には決めたいと思います。
県立さきたま史跡の博物館
  
フライのことぶきや前で          懇親会にて
  
 


◇平成21年度「大宮浦高会」総会が滞りなく行われました。
21年度総会が7月12日(日)に開催されました。
総勢45名のご参加をいただき、20年度報告事項・21年度計画を審議、採択
されました。また当日は、川野幸夫浦高同窓会会長をはじめ6名のご来賓のご
列席をいただき、お祝い金を賜りましたことをご報告致します。
また、ご出席の皆様よりいただきました募金が¥61,450に達し、新藤会長より
川野会長に「浦 高百年の森」基金に寄付させていただきました。ありがとうござ
いました。
総会資料「20年度事業報告」「21年度事業計画」
当日の画像の一部をご紹介します。
  
総会質疑                   新藤会長記念講演「大宮のこと」
  
新藤会長記念講演「大宮のこと」     いよいよ懇親会、挨拶の松沢副会長
  
浦高同窓会 川野会長のご挨拶      浦中45回/平井清作氏の乾杯の音頭
  
大宮の良き文化 芸者さん(5名)     いよいよ総選挙、武正公一氏
  
懇親会風景                 芸者さんの踊り、皆さん釘づけ

最後に集合写真。照明が強すぎました。画像をクリックしていただければ大きな
画像が見られます。

他にここに乗せられないほどの画像があります。ご希望の方はご連絡下さい。
カメラマンは浦高55回/事務局幹事の近森君でした。
 

◆訃報◆
私たち大宮浦高会にとってはかけがいのない存在の河合要さんが
ご逝去されました。私たちの拠りどころともいうべき食処「かわい」が
閉店です。5月20日通夜、21日告別式がありました。在りし日の
河合さんをたくさんの同窓生とともに偲びました。ご冥福をお祈りし
ます。
なお今後の月例会の場所については、皆様のお力を借りて探していきます。
ご推薦のお店がありましたらぜひお知らせ下さい。


◇11月度月例会は、鉄道博物館見学会、新道山家「会席料理宴会」
 を行いました。
鉄道博物館見学会には8名の参加、会席料理宴会には18名の参加で楽しく
行われました。鉄道のまち「大宮」の象徴であり、新藤会長が市長の際、強力に
誘致活動を行い市ぐるみで頑張って実現したものです。あまりに盛りだくさんの
内容で、2時間半ではとても回りきれませんでした。次回は一日を使ってじっくり
見学したい内容の濃い博物館であると思います。
川島副会長のお店「新道山家」では、たいへん美味しい会席料理をいただき、す
っかり堪能させていただきました。我らが大滝酒造「九重桜」も美味しかった!!

また当会会員で只今研修医の50回卒/藤本 佳史さんが参加、ギター弾き語りの
ステージを披露してもらいました。なぜ研修医の彼が唄うのか、下記のページで
見て知っていただき、ぜひ私たちで応援できたらいいなと思います。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
藤本佳史さん紹介サイト:
ライフリンクBLOG
藤本さん紹介ページ:大宮浦高会オリジナル
※今月下旬 本を出版=「いのちを消さないで」群青社刊、最寄の書店で。
また自費製作CD:「無音のノイズ」もあります。事務局に連絡いただければ販売
(彼の活動団体に寄付)いたします。
 
 50回卒/藤本佳史さんの熱唱     聴き入る皆さん

◇9月度月例会に我らが倉持守三郎先生がいらっしゃいました!
 大変お元気でいらっしゃいました。先生がいらっしゃるということで多くの方々が
 駆けつけて、先生との思い出に花を咲かせて楽しい一時を過ごすことができま
 した。先生も始めはお酒に手を付けられませんでしたが、途中から久しぶりに
 とおっしゃってお飲みになった姿に、私たち教え子たちは感激致しました。
 我が大宮アルディージャ生みの親である倉持先生、ますますお元気でいらっし
 ゃいますようアルディージャ同様先生にも大声援をお送りします。
    


■20年度総会が盛大に行われました。
本年度は昨年より多い54名の参加で盛大に行われました。
大宮の華やかで貴重な文化遺産「芸者衆」をお招きし、懇親会はこれまでになく艶や
かな雰囲気で行われました。忘れかけていた「大宮音頭」も3人の芸者さんと一緒に
何十年振りに踊りました。
 

新藤会長、今村副会長と芸者衆          大宮音頭
 
新藤会長を囲み年代を超えた会員交流      51回卒/三神氏、22回卒/藤野氏両応援団長

懇親会アルバムpdfファイル) ※表示に少し時間がかかります。
※クリックしても表示されない場合ダウンロードしてください。(無償)


◇6月度月例会◇ 
今回は我が大宮アルディージャの清雲栄純さん(トータルアドバイサー)をお招きして
、アルディージャ生みの親である新藤会長、清雲さんと深いご 縁のある松沢副会長
を交えてアルディージャづくしで盛り上がりました。
また、アルディージャ強化育成部/斉藤毅君(浦高45回卒)も参加しました。彼は
大宮在住で地元アルディージャのために頑張っています。みんなで応援しましょう!


1月度月例会「利き酒会&新年会」を開催しました!
1月19日(土)新藤会長、同窓会事務局長/小畠さんをはじめ22名の方の参加
で開催しました。当会幹事の浦高18回大滝栄典氏の兄上の大滝栄壽社長の
「大滝酒造」のお話と、杜氏の後藤さんのこだわりお話をお聞きしながら、「九重
桜」のお酒を利き酒いたしました。皆さん少しばかり良い気分で、新道山家さんの
マイクロバスを川島副会長の運転で、新道山家さんに向かいました。大変美味し
いお料理・お酒をいただきました。大滝さん川島さん、ありがとうございました。
 

NEWS只今発売中の月刊現代2月号、名門校紹介で浦高・湘南高校の
紹介記事が載っています。ぜひお買い求めの上ご覧下さい。780円です。


■平成19年度総会が開かれました

10月20日(土)に今年度の総会が開かれました。
会員を中心に50名余の出席で盛大に催されました。
総会の席上、前会長で大宮浦高会発展のために多大な功績を残されました
、浦高2回の松澤良一氏を名誉会長に推挙の提案がありました。満場一致
で承認され、当会の新たな役職=名誉会長がおかれることになりました。
また記念講演では、埼玉大学経済学部教授/外岡豊氏による「地球温暖化」
についてのお話があり、私たちの生活スタイル、価値観を変えない限り温暖
化をくい止めることは難しいのではないか、と感じました。外岡教授は湘南高
校卒で、浦和区に在住です。環境問題の講師として気軽にお声をお掛け下さ
れば喜んで出かけていきたいとおっしゃっておりました。
そして懇親会では、和気あいあいに皆様お楽しみいただきました。恒例の、
新藤会長と吉沢町子さんによるデュエットも聴くことができ楽しいひとときを過
ごすことができました。
 


■当会名誉会員の若田光一氏(浦高34回)が国際宇宙ステーショ
ンに長期滞在するミッションメンバーに決まりました。もちろん
日本人初、通算3回目の快挙です。おめでとう!
実は大宮浦高会ホームページを見た朝日新聞の記者から問い合わせが
ありまして、若田氏の浦高野球部時代の監督/中島潤一氏(当会幹事=
浦高20回)に取材の申し込みがありました。電話取材でしたが、下
の記事になりました。

 


■今年度「大宮浦高会総会」が開かれました。
 
70名の会員の皆様、ご来賓の方々のご参加で盛大に開かれました。
 新藤会長の議長の下、議事は滞りなく進み満場一致で承認されました。
 また、浦高12回卒、井上勝也氏(駿河台大学教授)の講演は、分りやすく
 楽しい内容で皆様集中されて聞き入っておりました。
 カラオケタイムの収益は、浦高百年の森事業に寄付いたしました。川本同
 窓会長に新藤会長よりお渡しいたしました。
  
 新藤会長の議長で議事進行         浦高12回卒「井上勝也氏」
  
 特別会員/吉沢町子さんと川本会長     浦高百年の森事業に寄付
  
 最後のエールは浦高51回三神たかし幹事  浦高12回井上勝也氏を囲んで

※当日の画像集はこちらから。ダウンロードできます。(PDFファイル)



■お知らせ
 大宮浦高会事務局が変わりました。今後のお問い合わせ等は下記に
 お願い致します。
 住所:337-0053さいたま市見沼区大和田町2-1322-2
              大和田NPOプラザ内
 TEL:048−682−0936
  FAX:048−682−0937
以上が私の個人事務所の番号です。お問い合わせ等ございましたらご
遠慮なくご連絡いただければ幸いです。
・・・・・・・・・・・・・新事務局長/長沢隆司(浦高20回卒)


■第26回全国高等学校クイズ選手権で、わが浦高が見事V2
 
を果たしました。決勝では名門鹿児島ラサールに圧勝しまし
 た。文武両道の精神を現役生が引継いでくれています。

9月14日付埼玉新聞記事(PDFファイル)
 

■8月26日(土)大宮浦高会セミナーが開催されました。
 
当会常任理事/高校13回の加藤初治氏が経営されている盆栽町「
 蔓青園」で行いました。加藤氏のお父上であり日本の盆栽界の重鎮
 であらせられる加藤三郎翁のスケールの大きいお話に、参加者一同
 感激しながら熱心に聞き入るばかりでありました。盆栽は木の種か
 ら愛情を持って育てることで、世界でたった一つの自分だけの作品
 が完成できるとのことです。これこそ現代もてはやされている「ス
  ロ−ライフ」の極みではないでしょうか。


■今年も、まもなく終戦記念日がやってきます。悲惨な戦争の中、
 志半ばにして戦場に散って行った一人の同窓生の存在を知りまし
 た。皆様にぜひご紹介させていただきます。
〜事務局/長沢
 
浦中42回卒/故 佐藤 孝さんです。浦中卒業後画家を志し東京美術
 学校に入学されましたが、動員学徒として召集され戦死されました。
 この佐藤 孝さんの存在を発見し私に知らせてくれたのが、私の浦高
 同期の医師/吉岡邦英君でした。運命の糸は戦後61年を経て大宮の私
 に繋がりました。経緯をお知らせいたします。⇒クリック
 遺作の一部です。

 

■5月27日に平成18年度浦和高校同窓会総会が行われました。
 
今年還暦を迎えます浦高16回の方々が幹事を務められ、あいにくの
 雨の中、200名を越す同窓生の参加の中盛大にとり行われました。
 いまだに文化祭で行われている「キャンパスファイアー」で歌われて
 いるという『遠き灯』は高校16回の方による曲であるととお聴きし
 懐かしく思いました。

■5月20日の月例会に、コンサートを終えた「富田千種」氏がい
 らっしゃいました。高校19回同期の石黒泉氏、岡田和男氏と共
 に、現役時代の話、ウィーンでの生活、今後の夢などについて語
 り合いました。秋にまた帰国とのことです。

 

■この度、浦高同窓会長の川本宜彦氏が、埼玉県民として初めて
 『第4回渋沢栄一賞』を、2月8日大宮ソニックシティにて受賞
 されました。この賞は、深谷市出身で近代日本発展の礎を築かれ
 た偉人「渋沢栄一」の精神を受け継いでいこうと埼玉県が制定し
 たものです。「多くの企業の設立や育成に携わる一方で、社会事
 業にも尽力した渋沢栄一の功績を全国に発信する」とともに、「
 企業家のあるべき姿を示すために、現在の日本の経営者の中から、
 この精神を受け継いでいる人を選び表彰する」ものであります。
 この受賞はご本人はもとより、私ども同窓生とりわけ大宮の同窓
 の私どもにとりましても大きな喜びとするところです。
 
詳細記事埼玉新聞2月9日朝刊1面記事
  埼玉県:「県政ニュース」

 

■浦高百年の森にハイキングで行ってきました。
 
11月23日(祝)に、浦高13回/瀬戸俊典さんと浦高20回/長沢が、快晴
 小春日和の中、浦高百年の森に秩父鉄道「波久礼駅」から歩いて行って
 きました。程よい疲れの中で、風布館で飲んだ酒は格別な美味しさでした。
 来春もまた企画しますので、ぜひ一度ご一緒に行きましょう!
 「浦高百年の森」ホームページにて公開中です。
 

■平成17年度大宮浦高会総会が盛大に行われました。
 
10月29日(土)サイサンホールにて総会と懇親会が、会員53名、ご来賓
 9名の参加で行われました。16年度事業報告・会計報告、17年度事業
 計画・予算が承認されました。つづいて懇親会が盛大に行われ、当会特
 別会員でありキングレコード専属歌手の「
吉沢町子」さんとともに愉しい
 ひとときを過ごしました。また恒例のチャリティカラオケで皆様からいただ
 いた募金37、000円を「浦高百年の森」事業に寄付したことをご報告致し
 ます。
 詳細は近々にご報告することをお約束し、まずは速報版としてお知らせ
 します。


■『浦高百年の森』記念植樹祭が盛大に、また厳かに行われました。
 
『浦高百年の森』づくりが始まりました。大宮浦高会からは、名誉会員の
 川本同窓会長、清水副会長、今村副会長など多数が参加いたしました。
 今村副会長が「大宮浦高会」として、山桜を植樹いたしました。皆様も
 行く機会がありましたらぜひ成長する山桜をご覧になってください。
 大宮浦高会では、11月に”浦高百年の森ハイキング”を計画しており
 ます。秩父鉄道「波久礼駅」から現地まで徒歩1時間30分ほどです。

   『浦高百年の森』HP

■夏の熱い想い出”大宮中山道まつり”

 


我が大宮浦高会会員の勇姿!

高校16回渋谷勇美さん(天沼一丁目)   高校27回高橋秀明さん夫妻(吉敷町)

浦高球児の夏、終わる!
第87回全国高等学校野球選手権埼玉大会で、わが浦高は残念ながら
初戦で敗れました。相手は名門松山高校、相手に不足はなかったが、
一枚上手でした。先発は2年生小林君でしたが松山高校の上位打線に
捕まってしまい、それ以降も適時打を浴び、完敗でした。エースの3年生
古屋君も本来のピッチングができずに残念な結果に終わりました。
日進中出身のファーストで3番の浜田君もノーヒットで高校野球を卒業し
ました。お疲れ様でした、そして志望大学目指して頑張って欲しいと思い
ます。

屈辱のコールド負け!

エース古屋君、ダイナミックなフォーム      期待の日進中出身3番浜田君はノーヒット
      
唯一の得点、2番斉藤君(2年生)二塁打    泣くな!浦高球児!



寄居「風布川」風景
■「浦高百年の森」を見に行きませんか!
 
本年、母校が創立110周年を迎える記念として、「浦高百年の森」事業
 
がスタートしました。「夕べにうたう荒川の 水万歳の声高し」と校歌に謳わ
 ている埼玉の母なる川 荒川上流の森を再生し、郷土の環境保全を図る

 という大きな目的のもとに始まった、全国でも例を見ない崇高な事業です。
 歴史をかえりみれば、埼玉は荒川・利根川の水の恵みで栄えてきました。
 用水が引かれ農業の貴重な水源として、小川和紙・熊谷染をはじめとして
 荒川水系の水で伝統産業が、物流の道としての水運を利用した産業が栄
 えてきました。また日本百名水の一つして著名な「日本水(やまとみず)」は
 今,昔の水量には程遠く、枯渇が心配されています。その「日本水」の水源
 地区に位置する「浦高百年の森」事業は埼玉にとって大変重要で意味深
 いものであります。
 緑の季節の今、ご家族で、お仲間で、ぜひ見に行ってみませんか!
 風布川沿いに「かぜの道」というハイキングコースもあり、秩父鉄道「波久礼
 駅」から1時間40分ほどの行程ですので、新緑の中を花を愛でながらの訪
 問もお薦めします。車の場合も大宮から素敵なドライブコースがあります。
 関越道「嵐山小川インター」で下り東秩父村「秩父高原牧場」へ登り、尾根
 沿いを行くコースはいろいろ見所があり、お薦めします。
 募金金額目標5000万円のうち現在2500万円とのことです。現地を見て
 「浦高百年の森」事業へ積極的な募金をしようではありませんか!
----------------------------------------------------------------
<協賛金募金振込先>
 郵便振込み:口座No/00190−7−297047
         口座名 /浦高百年の森
 銀行振込み:城北信用金庫 北浦和支店 普通預金
         口座No/5033117
         口座名 /浦高百年の森
----------------------------------------------------------------
 本年10月1日、現地にて記念植樹式典があります。 大宮浦高会としても
 大挙して参加しましょう。ツアーを組んで行きましょう!
 アクセスMAP
 現地詳細MAP


                                  
当会会員浦高40回卒 柏 昌幸氏提供

               浦高30回卒 藤田伸一氏(寄居林業事務所)提供

■総会・親睦会の詳細情報をアップしました。
 
画像アルバムはこちらをクリック
 高校51回卒/応援部団長の当会事務局幹事、三神尊志さんのリードで
 全員で歌った校歌の映像は
 ADSL等高速回線使用の方は、こちらをクリック
 ISDN等ナロー回線使用の方は、こちらをクリック
  いずれもWindowsMediaPlayerで見れます。見れない場合は、ブラウザーの設定を変え
      るか、右クリックでダウンロードしてからご覧ください。
       WindowsMediaPlayerをお持ちでない方は下のロゴをクリックしていただければ最新版
       をインストールできます。
   

■平成16年度総会が、100名近くの会員、ご来賓の皆様のご参加で
 盛会のうちに開催されました。
 <
時:11月27日(土)17;:00〜、所:サイサン本社ビル8Fホール
 
当会名誉会員で母校同窓会長の川本宜彦会長のご好意により、サイサン     
 本社ビル8階ホールをお借りして盛大に開催されました。
 総会にて事業報告、会計報告等が全会一致で承認されましたことをご
 報告致します。
 

 
 総会後、浦高7期卒で眼科医の大野佑司さん
 の「卑弥呼と邪馬壱国は消されていた」と題す
 る記念講演を行い、しばし歴史ロマンの世界に
 浸りました。
 

 

 
 その後の親睦会ではご来賓の皆様よりお言葉をいた
 だきました。春日部地区浦高会の副会長で浦高16期
 卒の千葉県野田市長を務める根本崇さんからは力強
 いお言葉をいただきましたが、将来は千葉県知事にな
 って浦高の名声をさらに高めていただきたいとの声が、
 会場からは上がっていました。

 

 

 前回の臨時総会でも好評を博した、キングレコード所
 属演歌歌手「吉沢町子」さんが今回も出演していただ
 きました。どんな曲のリクエストにも応えようと大宮浦高
 会のために猛練習したそうで、多くの皆様と一緒にカラ
 オケをデュエットしていただきました。その美貌と美声に
 酔った会員の多くの方から、彼女を大宮浦高会の特別
 会員に!との声が上っておりました。ご異論はないとい
 うことで当会特別会員としてお迎えしたと思います。



 また今回初めての参加の方も多く、会場のそこかしこで友好の輪ができて
 いました。震災を受けた新潟県からも高校36期卒で新潟県立六日町病院
 の医師である小川祐輔さんがわざわざ駆けつけてくれました。

 記念講演をしていただいた大野佑司さんから
 は当日、会員の皆様に買っていただいたご自
 身の著書の売上金を全額、新潟中越地震義
 援金として贈って欲しいというお心ざしをお受
 けしました。
 12月1日に埼玉新聞・社会福祉事業団に当
 日の収益の一部を加えて寄託したことを、ご
 報告させていただきます。
 新藤会長から丸山社長に、大野先生の温か
 いご意思をお伝えしてお渡ししました。


埼玉新聞12月2日朝刊18面、2面「本社来訪」欄にも掲載されています。


■邪馬台国の謎に挑んだ
 「卑弥呼と邪馬壱国は消されていた」発刊のご案内
 
 当会会員で高校7期の大野佑司さんが執筆されました。大宮区役所隣で
  眼科医院を開業しながら、20年有余をかけられて「魏志倭人伝」「古事記」
  「日本書紀」などを深く読み、現地にもたびたび足を運び、独学で研究され
  た集大成です。歴史ロマンの世界にたっぷり浸れる珠玉の一冊です。
  各書店にて販売中です。2004年5月20日初版。小学館スクウェア発行
  1890円(税込)
  表紙画像(pdfファイル)

■8月度月例会は世界的オーボエ奏者、渡辺克也氏の調べに酔いしれ
 ました!
                                           


  ベルリン・ドイツオペラ首席オーボエ奏者で浦高37期卒の渡辺克也氏を
  を招き、ハイテクニックな演奏を堪能しました。おいしい料理をいただき
  ながらアットホームな雰囲気の中、贅沢な時間を過ごせました。
  渡辺氏は9月初旬にベルリンに戻ってヨーロッパ各地で活躍されます。
  来夏また帰国した際には、ふたたび大宮浦高会にお招きする予定です。
 
CDも発売されています。心を癒される素敵なCDです、おすすめします。
 
AmazonStore
(左上のサーチ欄にクラシック渡辺克也と入れてGOをクリックして下さい)
 
渡辺克也氏プロフィール
(pdfファイル) 

 

■浦高27期卒、藤田進氏が北朝鮮による拉致被害者の可能性が高く
 なりました。
 
報道によりみなさんご存知と思いますが、我々の同窓生のひとり藤田進氏
 が、脱北者からもたらされた一枚の写真により、拉致被害者の可能性が高
 くなりました。浦高を卒業し教師を目指して東京学芸大学に入学し、希望に
 燃えていた彼が、なぜ北朝鮮のスパイ養成機関の幹部をさせられているの
 か全く許されません。身近の問題として我々も注目していきましょう。当会事
 務局幹事の高橋秀明さんは彼と同期で同クラスだったそうで、今後も彼から
 の情報も得ながら、当会としてもできることがあったら支援していきたいと思
  います。
関連資料(pdfファイル)
                                                            

■4校OB親睦・チャリティゴルフ大会において、当会会員の高校13期
 の狩野雅信さんが見事優勝!
  
今回で4回目となる、浦和、熊谷、川越、春日部の県立4高校の卒業生に
  よる「第4回4校OB親睦・チャリティゴルフ大会」が千葉カントリークラブで
  行われました。旧制粕壁中38回卒の蓮沼嘉冶さん(81)を最高齢に、
  浦和43人、熊谷25人、川越40人、春日部68人の計176人が参加。
  参加者から集めた12万6000円の義援金は「あしなが育英基金」に寄
  付されました。団体戦は1位春日部、2位熊谷、3位浦和、4位川越でし
  たが個人戦では当会会員の狩野雅信さん(高校13期)が優勝、10位に
  やはり当会会員の柳田裕弘さん(高校17期)が入り、見事浦高勢のワン
  ツーフィニッシュでした。おめでとうございます。大宮浦高会のゴルフファン
  の方々、お二人にコーチを受けてスコアアップしましょう!
  (毎日新聞埼玉版より)

■筑波大学大学院、井上勝也教授(当会会員 常任理事,高校12期)
 著作のご紹介
 
 NHK市民大学講座やたびたびマスコミに登場されて、ご存知の方もおられ
  るかと思います。老年心理学という一分野を確立された井上さんの著作を
  ご紹介いたします。われわれも今後直面せざるを得ない、または直面してい
  る”老い”について、井上さんの本を読んで改めて考える機会を持ってみま
  せんか? 月例会に於いても、直接お聴きできる機会もあるかと思います。
  ○「死ぬ瞬間の心理」/西村書店
  ○「現代カウンセリング事典」/金子書房
  ○「ボケがわかる本」/みずうみ書房
  ○「老人学」毒蝮三太夫共著/海拓舎
  ○「高齢者の"こころ"事典」/中央法規出版
  ○「老人の心理と援助」/メヂカルフレンド社
  ○「老いと暮らしの実用百科」/時事通信社
  ○「堂々たる寝たきり・・・虎五郎と多々羅教授の老年心理学」/大日本図書
  紀伊国屋書店サイト参考
     
※キーワードで探す欄に著者名「井上勝也」と入力してください。

 

*今後も会員の情報を随時掲載してまいります。皆様からの情報提供をお待
  ちしております。⇒MAIL


2004年4月4日 臨時総会・親睦会アルバム 集 (保管場所を移動しました)
2004年夏の高校野球、母校の戦い

埼玉第九合唱団 第62回演奏会


Copywright 2004 OMIYA-URAKOKAI All right reserved